良きも悪きもお互いに行き来するもの

周囲への影響

 

霊的な処置を依頼者に行なった場合、又そのように構築した場合。そのエネルギーは依頼者の周囲にも厳密には恩恵を受けます。

特に、親族や家族、血族、霊縁、地縁など、深い人であればあるほど基本的には繋がっていますので。

お葬式があれば、何があっても呼び出されて強制力が伴うでしょう?つまりこれは根底での強い影響力がすでに繋がっているということ。いざとなったらそういう影響力をお互いに持っている関係だということ。

数や力、前世縁なども複雑に絡みますが、人は周囲の縁無しには生きられないので。だから、自分の周囲に良い状態の人を持っておくことは極めて重要。相乗効果。win winの関係という。理想的。もちろん奪いにくるタイプなんて山ほどいるし、そんなのだらけの世ではあるけれど。

でも、まあ基本の基本である家族の中でエネルギーの相互相関関係は普通はあるから。

 

実例

依頼者に構築していく過程で、「親の本質的なゴミの収集癖が無くなりました。」ってのは実際に依頼者から聞いた話。これって、やはり親子の間でやりとりがあるんだ。

二人が部屋で凍えている時に、石油ストーブでもポンと置くと二人ともその恩恵に預かれるでしょう?依頼者のためとはいえ、その直近にいる家族への影響もある。霊的にそれはあるんだよ。

家がゴミ屋敷だってのはオーバーにしても、他人が見て汚部屋だってのなら、依頼者向けに構築しても、パワーはその分は減算される。総数でいうと仮に大したことがなかったとしても。

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 正しい除霊・霊障対策研究所
≫≫ 正しい厄除け・呪障対策研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

ご依頼フォーム・支払い・利用案内
各種鑑定